Ich und meine Holz

2016/12/20 00:34 [Tue]
今日はネームを書きました。
とりあえず、ネームがキモイので、だらだらと関係ない話題をしますw
どうでもいいよって人は、続きの記事までワープしてくださいw




Ich und meine Holz

よく分からんけど、私の木材ってひたすら歌ってる曲があります。
ドイツ語です。
一度聞いたら忘れなくて、頭の中でグルグルしてますw
気になってアーティスト名でググッたら、半裸のお兄ちゃんが木材持った画像が出てきたので
何か木材に特殊な感情を抱いている方なのかな?
と思い、そっ閉じしました・・・・w

257ers_holz-960-1-1.jpg 



よく分からんけど、ドイツでもよくググられてるみたいで、「holz mp3」とか出てきてワロタですwww
PV見たけど、あ、なるほどパイナッポーアポーペンが外人に受けるワケが解った気がします。
つか、他の曲聴いたら割と真面目にやってるのに、なんでこれだけキチガイ路線行くんや・・・・










X'masバージョン、こっちのが個人的に好きだな^^











今日はネーム書きました。
いつかやりたいバトル物のネタがありまして
とりあえず備忘録的な感じで書いてみたので
読まされる人は意味不明だと思いますね・・・

解説だけチョロっと・・・
場所は戦争中のとあるA国とB国。
考古学の専門分野の大学教授を勤める主人公の女性とその助手をする男性の物語。
ベタだけど、男がB国敵国のスパイとして潜り込んで、重要資料を盗んでいた。
歴史的にこの国々は領土争いをしており、またB国はA国の占有権を主張しておりその重要な証拠付けとして国際社会にアピールするためにA国の古文書をねらっており、時に捏造や不利な歴史は消去しようと国策でやっていた。
主人公の女は、戦争で志望した権威の教授の弟子の一人でもあり、その分野では権威であった。
ベタの上にベタベタだけど、いつしか恋に落ちる関係になり、お互い信頼し合い順調に愛を育んでいたのだが・・・

ある日、大学が襲撃されその作戦司令官がじきじきに男に辞令を持ってきていた。
その話をたまたま立ち聞きし、主人公は恋人が初めて敵国のスパイだという事を知り、またその秘密を知ったので射殺される。
主人公もB国の人間に家族や友人など多くを殺されていたので、B国への憎しみは大変深い物があった。
結果、辞令を持ってきたオッサンから銃を奪い恋人に銃を向けてしまうが、その引き金を引くことはできなかった。

という、バッドエンド上等な話になっております^^


ちなみに、オッサンの顔が見えてないのはキャラデザができてないからで、特に伏線とかありませんwwww







s_01 2016 1219






s_02 2016 1219






s_03 2016 1219





s_04 2016 1219






s_05 2016 1219






s_06 2016 1219






s_07 2016 1219






s_08 2016 1219






s_09 2016 1219






s_10 2016 1219






s_11 2016 1219







s_12 2016 1219

















スポンサーサイト

« 怒りのボタンポチー!  | HOME |  うんちっちぃぃっぃぃぃぃぃ »

この記事へのコメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

 

 | HOME | 

プロフィール

ときさめ

Author:ときさめ



2015年11月からお絵描きの練習はじめました。


ツイッターやってます。
無言フォロー歓迎^^ノ
ときさめ@ギロチン処刑場


デッサンもどきとか(放置中)






検索フォーム

ブロとも申請フォーム