オリジナルキャラの紹介

2037/06/10 02:17 [Wed]
ひとまず、整理の意味もこめて、オリジナルキャラクター紹介をします。
絵の練習にも、頻繁に使っています。
一度に全員は無理なので、ちょっとずつ増やしていきます。
更新したら、ブログ内記事でお知らせします。

興味のある方は、続きの記事からどうぞ~~~^^




ブラック・オフィス・わんわん

略して「B.O.W」

概要
とある一部上場企業、富士電子通信テクノソリューション株式会社に勤める会社のサラリーマン達の愛と憎しみの物語。
若手の松田君を中心に
仕事の愚痴やパワハラやセクハラなど、サラリーマン世界の様々な人間ドラマを描く。
どのへんがブラックオフィス=ブラック企業なのか今の所ナゾですが、愉快な仲間たちが繰り広げるビジネスシーンの日常に
笑って頂ければ幸いです。













松田 隆弘(27)

s_2016 0615 01 塗り 

主人公
所属:営業
愛称:松田くん

若手有能イケメン社員だがゆとり丸出しなので、空気が読めない。
性格は悪い方である。
仕事ができるので、将来は幹部候補として既に見込まれている。
口が上手く、この若さですでに口先だけで上司を抱きこんでいる。

女好きの女たらしで、これと見極めた女は必ず抱く。
女への異常な妄執に闇を感じるキャラである。
これが身の破滅となるのか、その前に更正するのか、最終回までに成長が見れるのか、果たして!?

ちなみに、既婚者で一人娘がいる。
今年幼稚園へ入学した。

0話のスピンオフの話では、婚約中の身でありながら、すでに浮気していた。








鈴木 かなえ(32)

s_2016 0709 002 
ヒロイン
所属:営業
愛称:かなえちゃん

松田くんの上司。
鈴木姓が多いので、ファーストネーム呼びになったと思われるが
なぜか年下の奴らも管理職もみんな下の名前で呼ぶ。
そしてそう呼びたくなるキャラ。

仕事では数々の修羅場を越え、ベテランの聖域に入っている。
仕事は順調だが、恋愛の方は上手くいっていない。
理想が高く、自分よりも格上の相手と結婚したいと思っている。
合コンに積極的に参加するも、ことごとく撃沈している。
取引先の客の「アゴ」にしきりにデートに誘われているが、バッサリ断る。

なんやかんやで年下からも慕われ、社内でも頼れる姉御的存在。
いつも、松田くんの尻拭いをさせられている。
喫煙者どころか、愛煙家。

松田くんと仕事をするうちに、松田くんに惚れてしまうが、既婚の事実をしってからは
諦めている。

最終的には、念願の外資系ベンダーの社員と結婚する。







八坂 ここな(33)

s_2016 08010 003 senn  



所属部署:総務部

学級委員長タイプで、社内風紀を取り締まっている。
その他の総務業務も勿論こなしているが、喫煙ルームの使用については特に厳しい。
キラキラネームに悩むという闇を抱えている。
白いシャツに黒いスカートで、リクルート仕様。
チャラついたスーツは着ない。
喫煙ルームのマナーを守らない松田くんと戦っていたが、いつの間にか
松田くんに惚れた悲しき運命。
大のタバコ嫌い。






荒井くん(35)


s_2016 0615 02 ぬり 

所属:技術部門

営業とは密接な関係があり、技術的な支援を行っている。
その関係でいつも営業には振り回されている。
いつもとにかく電話している。
かなえちゃんの先輩であり、松田くんの相棒的な人。

ハイスキル・エンジニャーの異名を持つ彼は無口ながらも、助けてドラえもん的なポジション。
解らないことはとにかく荒井に聞けという格言がある。

愛用しているパソコンはFMV。
最近、眼鏡にしようか迷っている。
むちゃくちゃな仕事を振ってくる営業にもうんざりしているので、ちょっと転職が頭をよぎっている。

嫁が読者モデルらしい。
プライベートは何しているか不明。





s_20160611 新谷統括










森田 ちをり(23)
s_tiori 20160625 


社内恋愛はバレたらセクハラ扱いで左遷かクビが規則の社風。
社内男性を食い散らかす肉食女子!
スカートがちょっと短いのが女をアピールしている。
社内結婚するならコッソリ付き合っていきなり結婚式が通常の流れになっている。
ちょっと常識が????な感じはするも、お仕事は案外まとも取り組むもよう。
姉がいて、姉もオマタが緩い。
地元では、この姉妹を「色情姉妹」と陰口をささやいている。

高学歴、お嬢様、政治力ありと、アラサー女子にとっては脅威の存在。
上司かなえちゃんが、社内で人気もあり有能で、密かに女のプライドの嫉妬の炎が上がる。
かなえちゃんが松田くんに惚れているのをいち早く察して、競争心から松田くんと肉体関係にもつれ込むが長続きしなかった。
この件が社内でもバレてしまい、ちょっと揉める。
何かと反抗的な態度ばかり取るも、いつも大人な対応をされ、それがまたイライラするらしい。
お嬢様で温室育ちで批判も指図もされたこともない、典型的なワガママで自分の思い通りにならないことが気に食わない。
かなえちゃんとは、打ち解けられるのか!?





糠田(ヌカタ)課長(40代)

s_2016 0628 04




オシャレなハゲ。
身に着けるもの全てがオシャレである。

営業部の課長、幹部でもあるので一目置かれているが
仕事面でも尊敬されることが多い。
柔和で仲裁や謝罪が得意。
ショーン・Kさんのハゲバージョンみたいな人。
奥さんは社内の別部署でマネージャーをしている。
大の猫好き。
愛煙家、社内の禁煙キャンペーンにイライラしている






角田(カクタ)さん(40代)
s_2016 0628 05 

管理職にもなれず、出世コースから外れてしまった男。
すぐに怒りだす、面倒くさい人。
松田くんとは天敵関係。
そもそも松田くんがカクタさんをバカにしているので、カクタさんも「何あのクソガキ」と思っている。
松田くんは、密かにカクタさん追放を目論んでいる。
しかし、カクタさんは入社して何十年も経つので、同期に役職が沢山いるので、まずリストラはされない模様。

嫁が恐妻で、嫁から数々のDVをされている。
こづかいなし。
経費で出張をいっぱいして、経費をピンハネして、それをこづかいの穴埋めにしていた。
自己啓発本やビジネス書が好き。
ヒョロっとしていて、短足、眼鏡。
スーツが体に合っていなくて、ダボダボしている。
猫背、若い女性に優しくされたらデレる。






糠田ヌカタ 安子(45)
s_2016 0615 03 塗り kakaka


マネージャーの役職につき、別部署で活躍中。
ヌカタ課長とは夫婦関係にある。
たまに夫婦で打ち合わせをする姿が目撃されている。
子供はいない、バリバリのキャリアウーマンである。
ヌカタ課長同様、オシャレさん。
アナウンサーの安藤優子をイメージした感じ。





春元さん(50代)

s_2016 0615 03 塗り aaaaaa


通称、生理ババアと中傷される、お母ちゃん的ポジションの女性社員。
ポーチだけを持ってトイレへ行く(生理だと察せられて)と、男がキモがって社内チャットで中傷するという、
悲しきババアポジション。
そんなことで騒ぐ男もキモイが、そういうクズリティー溢れた部署である。
典型的なオバチャンで、気さくで自由奔放、天真爛漫、元気で明るい性格であるが
仕事面では微妙である。
なんでこの人未だに会社に残ってるの???的な人。
ヌカタ安子とは、同期みたいなもので友達。




大鳩 健太郎(35)


s_2016 0627 ネーム04 haikei消し

体を鍛えるのが趣味。
タラコ唇。
出勤する時は、オールバックでスーツも高い物を身につけ身なりが大層綺麗である。
漂う高級感から女子人気は高い。

松田くんとは、たまたま会社の近くの公園で知り合った。(おまけマンガにてその経緯が紹介されている)
松田くんとは別フロアーで働く。
マネージャー職に就いており、現在プロジェクトリーダーをしている。

私服になると、残念な人。
シポーツスタイルになると、もはや別人・・・

あまりにも忙しくて徹夜が多いので、会社の近くのタワーマンションに引っ越した。
休日は会社近くの公園で筋トレをしている。
ジムはナンセンスと思っている。





轟木 響(35) アゴ


s_2016 0709 003



松田くん達の取引先の客、クライアント様。
若くして部長にまでのし上がった、武将系イケメン。
態度がデカイ、上から目線で松田くん達をこき使う、嫌な感じが透けて見える。
顔がややデカイ、でもイケメン
金持ってるので、女にはモテる
かなえちゃんを狙っている
女好き
松田くん達は、徹底的に嫌っていて、悪口は「アゴ」
スーツはダンヒルが好き、その他小物や時計などなど、いちいち高級ブランドで全身を固める男である。
外資系の金融会社で、自社ビルを全国にいくつも持っている超バブリーな企業。
どうやら古いホストを捨てて新しいマシンにしたいようなのだが、色々と混乱中。





外伝キャラクター

s_2016 0801 02 ラフ塗り

松田 千春(27)

松田くんの嫁。
東京大学数学科卒業の専業主婦であったが、夫婦関係がすっかり冷め切っている上に松田くんが全く家に帰って来なくなったので、慰めも含めて仕事をやり始める。
もう松田くんの心が自分にないのも解っていて、その心の狭間で苦悩する。
松田くんと結婚する前は予備校の講師をしていたが、その職場に復帰した。
予備校の講師時代は教え方が上手だと評判だったので、安易に復帰することができた。
東大数学科というのも評価されている。
松田くんとは幼馴染で小・中・高・大学とずっと同じ学校で共に学生時代を過ごしていた。
高校生の時に恋人として付き合うも、学生時代から女にだらしなかった松田くんだったが、ずっと見守り受け入れつつ結婚に至った。
千春ちゃんが猛烈に松田くんに惚れており、数々の仕打ちも許しちゃうし、態度も甘くなっちゃう乙女。
しかし、塾で生徒達に接する時は厳しくドライである。
松田くんとの間には3歳の女児がいる。
最終的には松田くんとは破局。

高野 ミナト(22~23)
千春ちゃんの元教え子。大学4年生。
私大文系のバリバリの文学少年。見た目によらず神社・寺をこよなく愛する古典少年。古文も読めちゃうよ。
無事に大学に進学するも、そのまま予備校系列の家庭教師のバイトになる。
就職も早いうちに決まったので、卒業までバイトに明け暮れる。
高校受験の頃から、千春ちゃんには淡い恋心みたいな憧れは抱いていたが、青春の思い出として胸のうちに閉まっていた。
でも本当は忘れられない人でもあり、予備校で再会して以来その恋心が本物だと確信する。
千春ちゃんの結婚生活があまり上手く行ってないのを察して、グイグイ迫るのだが・・・!?

ちなみに、予備校と家庭教師の事務所は同じ所にあるので、千春ちゃんとは職員室で会える。





スポンサーサイト

 | HOME |  ああああーいいことないかなっ »

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

 

 | HOME | 

プロフィール

ときさめ

Author:ときさめ



2015年11月からお絵描きの練習はじめました。


ツイッターやってます。
無言フォロー歓迎^^ノ
ときさめ@ギロチン処刑場


デッサンもどきとか(放置中)






検索フォーム

ブロとも申請フォーム